Googleしごと検索(Google for Jobs)に対応してみた-その1-

WordPressで作ったサイトの求人ページをGoogle for Jobsに対応する依頼を受けました。

Googleしごと検索 (Google for Jobs) って何?

とりあえず、グーグルに聞いてみました。

求人情報にきちんとタグを入れてあげると、グーグルさんの求人サイトに登録される仕組みですね。
これ、無料でできるって既存の求人サイトの立場は….

Civic Job Posting

きっと、誰かプラグインを作ってるだろうと色々検索。
機能を満たしていて、一番シンプルそうな Civic job Posting を使うことにしました。

Google Indexing APIにも対応しているのが選んだ理由です。

下準備

1.Google Indexing API

求人情報は鮮度が命!ってわけではないでしょうが、変更をすぐにGoogleへ反映できるようにAPIを
公開しています。求人情報が載っているページが対象とは書かれていますが、今のところは他のページでも更新してくれるみたい。

登録手順はまず公式ガイドを読みましょう。

  1. クライアントのプロジェクトを作成する
  2. サービス アカウントを作成する
  3. Search Console でサイトの所有権を確認する

でも、手順通りになかなかいかないですよね。

セットアップツールを使用する」でもハマりました。

ハマった点

1.「プロジェクトを作成」で続行すると「My Project」という名前でプロジェクトを作成する。
→初めての人はこれでいいだろうけど、My Projectだらけでどのサイトだかわからなくなる。
→あらかじめ、Projectは作成しておいて、既存プロジェクトを選択しましょう。
→My Projectで作っちゃった人は名前を変更してどのサイトで使っているかわかるような名前にしておきましょう

2.認証情報の作成
→APIを呼び出す場所は「ウェブサーバー」を選択
→アクセスするデータの種類は「アプリケーションデータ」を選択
→「App Engine または Compute Engine でこの API を使用する予定はありますか?」は「いいえ、使用していません」を選択

3.サービスアカウントを作成する
→サービスアカウント名は適当に決めましょう
→役割はとりあえず「Project」の「オーナー」を選択
→キーのタイプは「JSON」を選択
→サービスアカウントのメールアドレスを後で使いますのでコピーしておきましょう
→「xxxx@yyy.iam.gserviceaccount.com」の形式のアドレスがサービスアカウントです。

とりあえず、これでJSONファイルがダウンロードされます。
ここまでで、サービスアカウントの作成まで完了。次はSearch Consoleです。

2.Google Search Console

サイトがどんな検索ワードで表示されているかなどを確認できる便利なサービスです。
Indexing APIのサービスアカウントにサイトの所有権を与えて、求人記事を投稿したら自動でインデックスが更新されるようにします。また求人情報がGoogleしごと検索に表示されるかテストするためにも必要です。

サイトをGoogle Search Consoleに登録して、Google Indexing API用のサービスアカウントを所有者として登録する必要があります。これが結構てこずった。
公式ガイドの手順ってたぶん昔のSearch Consoleですね。

1.サイトをSearch Consoleに登録する

「プロパティを検索」をクリックすると「プロパティを追加」が出てきます。
→「URLプレフィックス」を選択して、サイトのURLを入力します。
→所有権の確認はHTMLファイルが一番簡単かな。HTMLタグの埋め込みでもOK。埋め込み方がわからない人はSEO系のプラグイン(All in One SEO)などを使ってください。

ここまでで、自分を所有者として登録できました。
次に、サービスアカウントを所有者として追加します。

2.サービスアカウントを所有者として追加する

これが一番ハマりました。ユーザーの追加ではダメなんです。

以下手順です。

設定→「ユーザーと権限」をクリック

 

自分のアカウントの右にある「・・・」をクリック

 

プロパティ所有者の管理」をクリック

 

サイト所有者を追加」をクリックして、サービスアカウントを追加する

これでオーナーとしてサービスアカウントが登録されます。
下準備はこれで終了です。やっとWordPressの設定です。

長くなったので、続きは次回に。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “Googleしごと検索(Google for Jobs)に対応してみた-その1-”